講義

8月6日

古賀真之 (Koga Masayuki)

東北大学ニュートリノ科学研究センター(RCNS)
准教授 (Research Center for Neutrino Science, Ass. Prof.)

大型二重ベータ崩壊観測実験の近況

Ge-76やXe-136といった特定の原子核においては、エネルギー準位の都合上ベータ崩壊が禁止される為、稀な確率で二重ベータ崩壊が起こることになる。ニュートリノがマヨナラ粒子であるならば、二重ベータ崩壊で生じた2つのニュートリノが対消滅する可能性があるため、1960年代からニュートリノのマヨナラ性を検証する実験としてニュートリノの放出を伴わない二重ベータ崩壊の探索が行われてきた。本講義では、Xe-136を用いたカムランド禅実験等、国内外の二重ベータ崩壊観測実験について説明する。

8月7日

山下了(Yamashita Satoru)

東京大学素粒子物理国際研究センター(ICEPP)
准教授 (International Center for Elementary Particle Physics, Ass. Prof.)

国際リニアコライダー計画 ~目指す物理、計画概要と現状~

国際リニアコライダー計画(International Linear Collider: ILC)は世界が協力して技術開発と計画推進を進めてきた電子と陽電子のエネルギーフロンティア実験です。ヒッグス粒子あるいはその性質を帯びた新粒子が陽子コライダーLHCで発見され、いよいよ素粒子物理の新しい時代が始まりました。ILCがヒッグスファクトリー、トップクォークファクトリー、ダークマターを始めとする新粒子・新現象探索で目指す物理と、そのための装置(加速器・測定器)、計画の概要を、 その実現を目指す国内外の状況を交えながらお話いたします。

口頭発表

8月5日 発表者 タイトル
8:45-9:15 高知尾理 暗黒物質探索実験XMASSの現状
9:15-9:45 瀧谷寛樹 暗黒物質探索実験における液体キセノンのシンチレーション発光時定数測定
9:45-10:15 袴田香奈子 原子核乾板を用いた暗黒物質方向探索実験スライド
10:15-10:30 休憩
10:30-11:00 松本拓也 原子核乾板を用いたニュートリノ研究
11:00-11:30 西村秋哉 OPERA実験におけるタウ崩壊事象に対するバックグラウンド研究
11:30-12:00 米倉拓弥 実機TOPカウンターに用いる光検出器MCP-PMTの磁場特性測定

8月5日 発表者 タイトル
19:00-19:30 山我拓巳 J-PARCにおけるチャームバリオン分光実験用粒子識別検出器の開発
19:30-20:00 中川真菜美 J-PARC E10実験用トリガーカウンターの性能評価スライド
20:00-20:30 上路市訓 KOTO実験における荷電粒子検出器の製作
20:30-20:45 休憩
20:45-21:15 竹村真哉 陽子ビーム強度増強のための2.45GH HIPECR陽子源の改良スライド
21:15-21:45 篠田直幸 高エネルギー加速器実験への応用を目指したSOI検出器PIXORの開発スライド
21:45-22:15 武田彩希 X線天文学向けSOIピクセル検出器の開発スライド

口頭発表

ポスター発表

発表者 タイトル
伊藤周平 国際リニアコライダーにおける崩壊点検出器FPCCDについて
岡直哉 XMASS実験における検出器部材からのバックグラウンド事象の研究
亀谷功 大気ニュートリノにおける東西効果の研究
新崎ゆう子 国際リニアコライダー実験におけるWH崩壊モード中の荷電ヒッグス質量のシミュレーション
中桐洸太 KOTO実験における荷電粒子検出器の開発
松林恵理 TBA
山我拓巳 J-PARCにおけるチャームバリオン分光実験用粒子識別検出器の開発
綿貫峻 国際リニアコライダーにおけるヒッグスの反跳質量のシミュレーション

ポスター発表