広報ライブラリ

写真

スーパーカミオカンデ建設時の写真
(1993~1996年)

  • No.1注水中
  • No.2
  • No.3
  • No.4
    水を入れながら光電子増倍管のチェック
    (1996年1月)
  • No.5
  • No.6
  • No.7
    スーパーカミオカンデイメージ図
  • No.8
    底面の光電子増倍管の取り付け
  • No.9
    側面の光電子増倍管の取り付け
  • No.10
    側面の光電子増倍管の取り付け
  • No.11
    天井部の光電子増倍管の取り付け
    (1995年6月)
  • No.12
    空洞の掘削後ステンレス板を張っていく
    (1995年1月)

完全再建時の写真(2006年)

  • No.13
    光電子増倍管の取り付けがほぼ終了
    (2006年4月7日)
  • No.14
  • No.15
    水入れを開始したところ
    (2006年4月23日)
  • No.16
    間もなく満水間近。
    タンク上部から魚眼レンズで撮影したもの。
    (2006年6月26日)

カミオカンデ検出器
(1983~1996年)

  • No.Kam1
    カミオカンデ満水時。
    タンク上部から撮影。
  • No.Kam2
    カミオカンデ検出器。
    底部から魚眼レンズで撮影。

スーパーカミオカンデ建設時の写真
(1993~1996年)

  • No.SK1-1
    検出器上部(1993年6月)
  • No.SK1-2
    検出器のための空洞
  • No.SK1-3
    検出器内部の天井部
    (天井部は光電子増倍管を検出器の底部で取り付け後に引き上げた)
    (1995年7月)
  • No.SK1-4
    建設時の集合写真1(1995年7月)
  • No.SK1-5
    検出器の天井部(外側)
    (1995年7月)
  • No.SK1-6
    検出器内部の天井部(引き上げる前)(1995年7月)
  • No.SK1-7
    光電子増倍管のユニットを組んでいるところ
  • No.SK1-8
    光電子増倍管の後ろ側
  • No.SK1-9
    検出器側面の光電子増倍管はユニットを組んで縦に並べていく
  • No.SK1-10
  • No.SK1-11
  • No.SK1-12
  • No.SK1-13
    検出器の側面
  • No.SK1-14
    外水槽の壁面
  • No.SK1-15
    検出器の底面と側面
  • No.SK1-16
  • No.SK1-17
    底面の光電子増倍管取り付け1
  • No.SK1-18
    底面の光電子増倍管取り付け2
  • No.SK1-19
    光電子増倍管約9000本の取り付けが終了
  • No.SK1-20
    光電子増倍管約9000本の取り付けが終了
  • No.SK1-21
    検出器上部への入口
  • No.SK1-22
    検出器上部1
  • No.SK1-23
    検出器上部2
  • No.SK1-24
    光電子増倍管から伸びるケーブル
  • No.SK1-25
    光電子増倍管からのケーブルをまとめる作業1
  • No.SK1-26
    光電子増倍管からのケーブルをまとめる作業2
  • No.SK1-27
    電子回路と高電圧電源
  • No.SK1-28
    電子回路と高電圧電源の後ろ側。
    光電子増倍管とケーブルで接続されている
  • No.SK1-29
    建設時の集合写真2
  • No.SK1-30
    建設時の集合写真3
  • No.SK1-31
    神岡鉱山の入口
  • No.SK1-32
    水入れ開始。(1995年12月22日)
  • No.SK1-33
    検出器内部。水が半分ほどたまった。
    (1996年2月)
  • No.SK1-34
    最後の光電子増倍管を設置。
    (1996年3月)

スーパーカミオカンデ完全再建作業
(2005年8月~2006年7月)

  • No.SK3-1
    光電子増倍管ケース組立1。
    光電子増倍管は衝撃波の影響を防ぐため、ケースに入れられている。
  • No.SK3-2
    光電子増倍管に傷などがないか目視で最終検査
  • No.SK3-3
    光電子増倍管ケース組立2
  • No.SK3-4
    上面光電子増倍管取り付け1
  • No.SK3-5
    上面光電子増倍管取り付け2
  • No.SK3-6
    側面光電子増倍管取り付け1
  • No.SK3-7
    側面光電子増倍管取り付け2
  • No.SK3-8
    側面光電子増倍管取り付け3
  • No.SK3-9
    側面光電子増倍管取り付け4
  • No.SK3-10
    光電子増倍管取付ほぼ完了1
    (2006年4月7日)
  • No.SK3-11
    光電子増倍管取付ほぼ完了2
  • No.SK3-12
    光電子増倍管取付ほぼ完了3
  • No.SK3-13
    光電子増倍管取付ほぼ完了4
    (2006年4月7日)
  • No.SK3-14
    光電子増倍管取付ほぼ完了5
  • No.SK3-15
    ケーブル接続作業
  • No.SK3-16
    外水槽
  • No.SK3-17
    外水槽の反射シートはりかえ
  • No.SK3-18
    注水中1(2006年4月23日)
  • No.SK3-19
    注水中2
  • No.SK3-20
    注水中3
  • No.SK3-21
    満水間近(2006年6月26日)
  • No.SK3-22
    最後の光電子増倍管取付1
  • No.SK3-23
    最後の光電子増倍管取付2

スーパーカミオカンデー素粒子と宇宙の秘密を探る(18分、2014年)

スーパーカミオカンデ~素粒子と宇宙の秘密を探る~ (18分、2006年)
第48回科学技術映像祭 文部科学大臣賞を受賞しました。

スーパーカミオカンデ~地底から宇宙のひみつを探る~(17分、1996年)
スーパーカミオカンデ建設時の映像

ペーパークラフト

本体PDF

紙芝居

2002年、スーパーカミオカンデの地元である岐阜県飛騨市神岡町の方々と東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究施設の研究者が協力して、
ニュートリノやスーパーカミオカンデについての紙芝居を作りました。
飛騨市のホームページから、「こだまグループ」による読み聞かせを見ることができます。
飛騨市の紙芝居のページへ。

当サイト内のすべての著作物の無断転載、無断複製をお断りします。
全ての画像の著作権は東京大学宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設に帰属します。
画像の利用の際には以下の点にご注意ください。

使用条件

  • 原則として商用利用、神岡宇宙素粒子研究施設とその研究に関連の無い内容の記事での利用、また素材集など、画像の再配布となる利用はお断りします。
  • パソコンのデスクトップに貼り付ける等、個人の範囲での利用は自由に行えます。(ただし、個人のホームページ、ブログ等への掲載は、個人の範囲内での利用に含まれません。)
  • 他の画像や文字を重ねる、極端なトリミングなどの画像を改変しての利用は固くお断りします。
  • 物理学をはじめとする学術振興、教育のために利用いただけます。この際、 以下の内容を電子メールでお知らせ頂き、使用許可をおとり下さい。尚、記事の内容によっては写真の使用をお断りする場合があることをご了承ください。

送付内容 : 使用目的、関連する内容、使用する写真(ファイル名)

電子メール送り先 :

クレジット表記

以下のように著作権の明記をお願いします。

写真提供 東京大学宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設
または、(c) Kamioka Observatory, ICRR(Institute for Cosmic Ray Research, The University of Tokyo

掲載箇所の提出のお願い

これらの写真を掲載した出版物をお送り下さい。(出版後で結構です)

百科事典等の厚い書籍の場合には別刷または該当ページのコピーでも結構です。
ホームページの場合は該当ページのURLをご連絡下さい。

送り先

〒506-1205 岐阜県飛騨市神岡町東茂住456
東京大学宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設
広報担当