広報ライブラリ

写真

  • 【2023/10/03】
    本体空洞ドーム部掘削完了
  • 【2023/10/03】
    本体空洞ドーム部掘削完了
  • 【2023/07/13】
    純水製造装置室用空洞
  • 【2023/07/11】
    純水製造装置室用空洞
  • 【2023/05/18】
    掘削中の純水製造装置室用空洞
  • 【2023/05/18】
    本体空洞ドーム
  • 【2023/04/27】
    本体空洞ドーム
  • 【2023/03/31】
    本体空洞ドーム
  • 【2023/03/14】
    本体空洞ドーム
  • 【2023/03/14】
    掘削中の純水製造装置室用空洞
  • 【2022/11/17】
    本体空洞ドームの天頂中心部
  • 【2022/11/04】
    外周坑道が貫通
  • 【2022/07/01】
    空洞ドーム中心部での工事関係者集合写真
  • 【2022/06/23】
    トンネル掘削が空洞ドーム中心部に到達
  • 【2022/05/10】
    アプローチトンネルの最初の分岐部分2
  • 【2022/04/19】
    アプローチトンネルの最初の分岐部分
  • 【2022/01/04】
    路面舗装後のアクセストンネル
  • 【2021/09/24】
    入り口から600mほど掘り進んだ場所から坑口方向
  • 【2021/09/24】
    第2拡幅部から
  • 【2021/09/22】
    発破前に爆薬を装填しているところ
  • 【2021/09/16】
    コンクリートの吹付け作業
  • 【2021/06/07】
    コンクリートの吹付け作業
  • 【2021/05/13】
    アクセストンネル入り口(斜めから)
  • 【2021/05/13】
    アクセストンネル入り口(正面)
  • 【2021/05/06】
    トンネル支保工作業の様子
  • 【2021/05/06】
    掘削開始直後のトンネルの入り口1
  • HK用に開発された新型光センサー
  • 横坑の終点付近、空洞ドーム部の中心地点の天井には、地質調査業者によるHK中心のマーク
  • HKドーム部の地盤調査のために掘削された横坑
  • HK空洞予定地を貫通するボーリングによる、空洞掘削予定地周辺の地質調査
  • ハイパーカミオカンデ検出器の概念図
  • ハイパーカミオカンデ検出器のイメージ図
  • ハイパーカミオカンデの建設候補地 における調査工事で得られた岩石。候補地は主に片麻岩と伊西岩からなり、 均質、堅硬で割れ目も少なく、大空洞掘削に適している。
  • 陽子崩壊のイメージ図

当サイト内の全ての画像データおよびドキュメントの著作権は、東京大学宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設に帰属します。
すべての著作物の無断転載、無断複製をお断りします。
画像等著作物の利用の際には以下の点にご注意ください。

使用条件

  • 原則として商用利用、神岡宇宙素粒子研究施設とその研究に関連の無い内容の記事での利用、また素材集など、画像の再配布となる利用はお断りします。
  • 個人の範囲での利用は自由に行えます。(ただし、個人のホームページ、ブログ等への掲載は、個人の範囲内での利用に含まれません。)
  • 他の画像や文字を重ねる、極端なトリミングなどの画像を改変しての利用は固くお断りします。
  • 物理学をはじめとする学術振興・教育のために利用いただけます。その際、 以下の内容を含む使用許可申請を電子メールにてご提出ください。尚、内容によってはお断りする場合があることをご了承ください。

    送付内容 : 使用目的、関連する内容、使用する写真(ファイル名)

    電子メール送り先 :

  • 完成後、画像を掲載した出版物等の該当ページの写し(pdf, URL等)を上記電子メールにてお知らせ下さい。
  • スーパーカミオカンデ、ハイパーカミオカンデの共同研究者は使用申請なく学術・教育・アウトリーチ目的で使用できます。

クレジット表記

以下のように著作権の明記をお願いします。

写真提供 東京大学宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設
または、(c) Kamioka Observatory, ICRR(Institute for Cosmic Ray Research, The University of Tokyo