Yoichiro Suzuki`s Home Page

YS Home

Kamioka Home

研究の概要

観測的素粒子物理学(ニュートリノ天文学や宇宙素粒子物理学、非加速器物等の総称)の研究を行っている。

 

1)1トンの液体キセノンを用いた実験装置(XMASS)を用いたダークマターの直接観測

XMASS実験は、現在世界で行われているダークマター探索実験の100倍の探索感度を持ち、ダークマターの発見が期待さる。ダークマターは、宇宙の物質・エネルギーの25%を占めるとされているが、その正体は不明である。

また、ダークマターは新しい素粒子、超対称性粒子であるとも考えられており、発見されれば新たな素粒子の発見にもなる。このXMASS実験は2009年の秋に稼働予定だ。

(Presentation; Proceedings)Identification of dark matter 2008 (idm2008), 18-22 August, 2008 AlbaNova, Stockholm, Sweden

2)スーパーカミオカンデ(SK)による研究:

SKを使った実験では、特に、東海村にできた新しい加速器JPARCで作られるニュートリノを用い、第3のニュートリノ振動の発見を狙う。

この振動モードが見つかれば、将来は、ニュートリノ振動におけるCPの破れの研究に向い、物質の起源の謎に肉薄できる。この実験も2009年の秋から本格的に稼働する。

3)将来を見据えた開発研究(どちらも「次の次」を狙ったもの):

   1.500万トンの水チェレンコフ装置: ゲージ結合定数の統一だけから推測される陽子崩壊の寿命10^36年をほぼカバーでき、超新星からのニュートリノが毎年観測できる測定器だ。

   2.キセノンを用いた、いわば究極の実験装置で、水チェレンコフ装置では観測できない低エネルギーの宇宙ニュートリノの観測、ダークマターの研究、2重ベーター崩壊の探索が同時にできる究極の測定器。

これは、最初のXMASS実験の考えである。

 

NEWS:

1)

(Physics Group Meetings)

SK AtmPd Group Meeting Minutes

SK Low Energy Group Meeting Minutes

XMASS Group Meeting Minutes

XMASSphotos

JHF-IBR Meeting Minutes

(Super-Kamiokande Collaboration)

SK-Colloboration-Meetings

SK-Display

(Kamioka Observatory)

Kamioka Seminar

神岡談話会

見学者

Photos (Kamioka Visitors)

Photos (Kamioka Activities)

(Papers and References)

Los Alamos Pre-print Server

Japanese site (pre-print)

Doctor thesis (SK-Home)

Doctor thesis (SK)

(Conferences and Meetings)

Neutrino meetings

(ICRR)

ICRRnews

宇宙線研究所規則集(作成中)

(U. of Tokyo)

(LINK)

JSF だより

日本科学未来館

UNIVERSE HP

 

(安全関係)

KEK安全マニュアル