Hiroyuki Sekiya

関谷洋之のページ@神岡

HOMEAboutResearchWorksInformationContactLinks

Research

Super Kamiokande

神岡鉱山の地下1000mに設置した直径40m 高さ40mの世界最大の水チェレンコフ検出器。 内部に蓄えられた50000万トンの超純水を11129本の光センサーで監視し、素粒子による反応を観察している。 これを用い、主に以下の研究を行っている。



Solar neutrino

太陽の内部では核融合反応によって、すさまじいエネルギーが生み出されているが、同時に大量のニュートリノも生成 されている。このニュートリノを利用して、ニュートリノの詳しい性質を調べる。

Supernova neutrino

大きな星がその一生を終えるとき、超新星爆発と呼ばれる大爆発を起こし、わずかな時間の間にとてつもない数 のニュートリノを放出する。このときのニュートリノを観測することで、星の内部構造など宇宙の謎にせまる。

T2K

茨城県東海村にあるJ-PARC加速で作られる人工ニュートリノを使って、より詳細なニュートリノの性質を調べる。 Tokai to Kamioka 略してT2K.

大量の超純水を保つ

Super Kamiokandeは世界一キレイな水を貯めた世界一大きな水タンクである。実は大量の水をキレイに保つこと自体 が非常に難しい。ニュートリノ等をより精度よく研究するには、水を安定に保つことが不可欠であり、 日々水質改善のための研究を重ねている。

超高感度ラドン検出器の開発およびラドンの除去

Super Kamiokandeの低エネルギー領域は水中のラドンによるバックグラウンドが多い。 これも日々改善のための研究を重ねている

XMASS

Dark Matter

暗黒物質に手が届くはずの実験。


液体キセノンTPCによる暗黒物質検出器の開発

暗黒物質の直接検出が可能なのなら最低これくらいできないと。

キセノン中のラドンの共鳴レーザーイオン化による除去手法の開発

最後はやっぱりラドンが問題になるだろうからそのための準備。

Hyper-Kamiokande

Letter of Intent

Next Kamioka Project

Super-Kamiokande Gd

超新星背景ニュートリノ

Super Kamiokandeへガドリニウムを溶かし、アップグレードする計画

次世代光検出器の開発

ガスPMT

光センサーを自作してしまうという趣味と実益を兼ねた面白い研究

NEWAGE

WIMP wind

暗黒物質による天文学を開拓するための研究

ZnWO4

AXEL

Copyright (C) Hiroyuki Sekiya. All Rights Reserved.

犬印