所属/職名

東京大学 宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設 教授
博士(理学)

専門

素粒子物理学

研究テーマ

陽子崩壊探索による素粒子と力の大統一の検証
大気・加速器ニュートリノ振動研究

プロジェクト/役割

スーパーカミオカンデ実験 大気ニュートリノ・核子崩壊研究責任者
ハイパーカミオカンデ実験計画 プロジェクトリーダー

経歴

1987年     静岡県立藤枝東高等学校卒業
1992年     京都大学理学部卒業
1992年     東京大学大学院理学系研究課入学。 スーパーカミオカンデ実験に参加。
1996年     スーパーカミオカンデ実験開始。 大気ニュートリノの研究に従事し、ニュートリノの質量の発見に立ち会えたのが幸運の始まり。 陽子崩壊の探索を博士論文のテーマにした。スーパーカミオカンデで最初の陽子崩壊の論文を執筆した。
1998年〜2006年     KEK陽子加速器によるニュートリノビームを用いたK2Kニュートリノ振動実験に参加し、 人工ニュートリノによるニュートリノ振動の確認。
2008年     スーパーカミオカンデ装置の電子回路のアップグレードを行う。
2009年     大強度加速器J-PARCによるニュートリノビームを用いたT2Kニュートリノ振動実験開始。 大気ニュートリノ、太陽ニュートリノ振動に続く、第三の振動モードを発見。
その他、次世代実験ハイパーカミオカンデ実験実現を目指し、 高感度光センサーの開発や地下大空洞設計等、開発研究を行っている。

学位:博士(理学)、"Search for Proton Decay via p→e+π0 in a Large Water Cherenkov Detector"、東京大学14530番、2000年

朝日賞、「ニュートリノに質量があることの発見」、2001年グループ受賞
戸塚洋二賞、「加速器ミューニュートリノビームによる電子ニュートリノ出現現象の発見」、2015年共同受賞
基礎物理学ブレークスルー賞、2015年Super-K/K2K/T2Kグループ受賞

研究業績

研究業績リストはこちら

研究の関心

万物の構成要素「素粒子」の性質と法則。クォークとレプトンの統一(または3つの力の統一)の証拠となる陽子崩壊を見つけたい。

Home