塩 澤 眞 人 (Masato Shiozawa)

東京大学宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設


素粒子の統一描像の探求

スーパーカミオカンデという大型地下実験装置を用いて、素粒子の研究をしています。 またより高感度な実験装置ハイパーカミオカンデ実験の実現を目指し、実験のグランド デザイン作成に取り組んでいます。素粒子の統一理論の 証拠をつかむことが夢です。

自己紹介     日記     大学院進学を目指す方へ     リンク    


スポットライト

ハイパーカミオカンデ実験計画
(計画提案中)

ハイパーカミオカンデのパンフレット
(ダウンロード、1.5メガバイト)

サイエンスニュース2013
(2013/8/21動画配信)

スーパーカミオカンデ実験
(1996〜現在)

陽子崩壊探索
(1996〜現在)

大気ニュートリノ研究
(1996〜現在)

高感度・高精度光センサー
(開発研究中)

T2Kニュートリノ振動実験
(2009〜現在)

スーパーカミオカンデ電子回路
アップウレード(終了)




506-1205 岐阜県飛騨市神岡町東茂住456 東京大学 宇宙線研究所
電話 0578-85-9611 / FAX 0578-85-2121 / Email masato@icrr.u-tokyo.ac.jp