Atmospheric neutrino oscillation

スーパーカミオカンデにおいて観測される大気 ニュートリノのデータを用いて、ニュートリノ 振動現象を調べることで、ニュートリノの性質 を探る研究をしています。 大気ニュートリノを用いることで、ニュートリノ 質量の「階層性」を明らかにしようとしている ほか、加速器ニュートリノのデータを併用する ことで、解析の精度を高めようとしています。 (大気ニュートリノのページ)

大気ニュートリノ生成と検出の概念図 大気ニュートリノ中のミューニュートリノの
上下非対象性(上向きミューニュートリノ消失)

Accelerator neutrino oscillation

T2K 実験において、東海村のJ-PARCで作られた 加速器ニュートリノをスーパーカミオカンデに おいて観測、ニュートリノの振動現象を詳細に 調べています。 現在は加速器を用いてニュートリノと反ニュー トリノを生成、ニュートリノと反ニュートリノ の振動に違いがあるか、ないかを調べることで、 宇宙に物質だけが残っている(反物質が消え去った) 理由に迫ろうとしています。 (加速器ニュートリノのページ)