Neutrino-nucleon/nucleus interactions

大気ニュートリノや加速器ニュートリノ実験では、 検出器中でニュートリノが原子核中の核子や水素 原子と反応して生成した粒子を観測することで、 ニュートリノの種別やエネルギーを推定(再構成) しています。 実際の実験解析では、ニュートリノと原子核が散乱 したとき、どのような粒子がどのようにつくられる のか、シミュレーションプログラムを用い、シミュ レーション結果とデータを比較することで、ニュー トリノ性質を探っています。 ニュートリノと原子核のおこす反応は複雑なため、 最近の大気ニュートリノ・加速器ニュートリノ実験 では主要な系統誤差原因の一つとなっています。 よって、できるだけ精度の高いシミュレーションを 行うこと、そして、その系統誤差を正しく評価する ことが重要となっています。