サイエンスカフェ

最先端の研究成果を社会に伝える

第2回 サイエンスカフェ at 富山市天文台

ダークマターの正体を追う

開催案内

宇宙には、ダークマターという正体不明の物質があるらしいとされてきました。しかし、ここ10年ほどの発展により、ダークマターの存在はより確かなものになったばかりか、ダークマターがなければ、星も銀河も作られなかったことがわかってきました。すなわち、私たち人類も、ダークマターなしでは存在していません。宇宙全体を見ると、ダークマターは我々の知っている原子分子の5−6倍もあり、星や銀河をとりまくように存在し、我々をも突き抜けています。ダークマターは、検出器のなかで微弱な反応を起こします。そのダークマターの反応をみつけて、その正体を暴こうという計画が世界中ですすめられています。皆さんとともにダークマターの正体を追ってみましょう。

主催

東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究施設・富山市天文台

日時

2014年11月30日(日)    午後 3:00~4:30

会場

富山市古洞の森自然活用村
自家用車でお越しの方は、古洞の森自然活用村の駐車場をご利用ください。

講師

東京大学宇宙線研究所名誉教授 鈴木洋一郎さん

【参加費】 310円(飲み物1杯分)

【定  員】 30名 

【申し込み】
以下の項目をご記入のうえ、往復はがきかFAXかE-Mailで富山市天文台までお申し込みください。(携帯電話のメールは不可)
1.住所
2.参加者全員の氏名と年齢
3.電話番号
4.日付と行事名(11月30日サイエンスカフェ『ダークマターの正体を追う』)
5.返信用連絡先
富山市科学博物館のホームページからもお申し込みできます。応募多数の場合は抽選になります。

 



神岡施設トップへ