サイエンスカフェ

最先端の研究成果を社会に伝える

第3回 サイエンスカフェ in 岐阜市

宇宙の謎「暗黒物質」を探せ!
~「XMASS」 in 神岡の挑戦~

開催案内

宇宙には、ダークマターという正体不明の物質があるらしいとされてきました。しかし、ここ10年ほどの発展により、ダークマターの存在はより確かなものになったばかりか、ダークマターがなければ、星も銀河も作られなかったことがわかってきました。すなわち、私たち人類も、ダークマターなしでは存在していません。宇宙全体を見ると、ダークマターは我々の知っている原子分子の5−6倍もあり、星や銀河をとりまくように存在し、我々をも突き抜けています。ダークマターは、検出器のなかで微弱な反応を起こします。そのダークマターの反応をみつけて、その正体を暴こうという計画が世界中ですすめられています。皆さんとともにダークマターの正体を追ってみましょう。

主催

東京大学宇宙線研究所附属神岡宇宙素粒子研究施設、岐阜新聞・ぎ ふチャン、飛騨・美濃をじまんする会、NIE推進委員会

日時

2015年4月26日(日)    午後 3:00~4:30

会場

岐阜新聞社本社 1階 (岐阜市今小町10)

講師

東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構 鈴木洋一郎特任教授

【参加費】 500円(飲み物1杯分)

【定  員】 30名 

【申し込み】
岐阜新聞読者広報センター(電話 058ー264-5500) ※受付は4月13日(月)から平日の午前9時~午後5時。定員になり次第締め切ります。

神岡施設トップへ