レクチャー

最先端の研究成果を社会に伝える

10月26日(土)15:45から開催

話題:「ニュートリノと宇宙の物質誕生の謎」

開催案内

講演要旨

ニュートリノは物質をやすやすと通過する幽霊みたいな素粒子です。最近、東海村にある高エネルギー加速器を用 いて人工的に作ったニュートリノを295km先のスーパーカミオカンデで検出するという壮大な実験が行われています。このT2K(Tokai to Kamioka)実験で研究しているのは、ニュートリノが飛行中に種類を変えて しまうニュートリノ振動という不思議な現象です。

ニュートリノ振動をもっともっと詳しく研究してゆくと、実は,ビッグバンで物質と反物質が同じだけ出来た 後、なぜ、すべて消滅してしまわなかったのか、「宇宙がなぜ物質で出来ているか」という謎に迫ることができるということが分かってきまし た。一見関係のない、ニュートリノ振動と宇宙の物質起源の謎解きをお話ししたいと思います。

日時

2013年10月26日(土)   15:45~16:45

会場

富山市科学博物館 プラネタリウム

講師

施設長: 鈴木 洋一郎 

参加費

参加無料、ただ科学館の入館料を払う必要があり

 

申込不要

 


(クリックして拡大)

神岡施設トップへ