サイエンスカフェ

最先端の研究成果を社会に伝える

ギャラリートーク 4月7日(日)

富山科学博物館にて開催

開催案内

開催要旨

本地下研究施設は富山市から車で30分もかからない、富山県と岐阜県の県境にあります。本施設で最先端の研究内容を、身近な皆様に知っていただくため、本年の3月から富山市科学博物館にてスーパーカミオカンデとダークマターの直接探索を目指すXMASS実験装置の展示会が行われております。


さらに、詳細な研究内容をより深く理解していただくために、富山科学博物館と共同で展示会場にて研究内容の説明会「ギャラリートーク」を4月7日に行います。当施設の研究者たちが富山科学博物館に出向き、ニュートリノとダークマターの直接探索実験についてお話します。


本施設のXMASSはダークマターの直接探索実験装置です。ダークマターは光で見えないものです。触るも見るもできないダークマターを直接探索するというのはどういう手段を使っているでしょうか。また、ダークマターの検出を目指す熾烈な国際競争の中で、本施設の研究者がどのようなプレッシャと戦っているか、などなど知りたくありませんか。


同日XMASSの検出器の紙細工を作るコーナーも設けておりますので、自分のXMASSも作れます。

日時

2013年4月7日(日)   10:30~15:00

会場

富山科学博物館

講師

亀田 純 (スーパーカミオカンデ)

山下 雅樹 (XMASS)




(クリックして拡大)

神岡施設トップへ