参議院文教科学委員会委員が視察

2012年2月17日

2012年2月17日に、参議院文教科学委員会野上浩太郎委員長を始め、参議院文教科学委員会メンバー8人が本施設を視察しました。また文部科学省からは森本審議官、藤田課長補佐、東京大学は宮川副理事、平井施設部長、梶田所長が同行しました。
野上委員長ご一行は、大雪のなか午前10時半頃本施設の研究棟に到着、鈴木施設長から施設の概要説明を受けた後、坑内の視察に移りました。
入坑後、スーパーカミオカンデ実験装置の見学をし、ニュートリノの観測と、関連装置などに関し、熱心に質問をされていました。 その後、CLIOを視察し、現在の研究に関する説明を受けました。
限られた時間の中で、説明に対し熱心に耳を傾けるとともに、活発に意見交換を行いました。

 

# #
施設の説明会で挨拶する野上委員長
鈴木施設長から施設の説明を受ける委員ら
# #
SK検出器上で鈴木施設長からSKの説明を受ける委員ら
SKのデータ処理方法について説明する鈴木施設長(左)

 

 

 

 

神岡施設トップへ►