スーパーカミオカンデでJ-PARC加速器からのニュートリノの初検出に成功

2010年2月25日

T2K実験(Tokai to Kamioka)グループは、平成22年2月24日午前6時00分、茨城県東海村の大強度陽子加速器施設J-PARCのニュートリノ実験施設において人工的に発生させたニュートリノを約295km離れた岐阜県飛騨市神岡町の検出器スーパーカミオカンデにおいて検出することに成功した。

熾烈な競争を行っているニュートリノ実験において、T2K実験でのスーパーカミオカンデやJ-PARCの高い性能が確認されたことで、今後の実験・研究がさらに進展し、これまで未発見の現象を世界に先駆けて観測することが期待される。

 

プレスリリース全文はこちら[pdf]

 

【リンク】

■ 高エネルギー加速器研究機構

■ 東京大学宇宙線研究所

■ J-PARCセンター

■ スーパーカミオカンデについて

 

■ 神岡宇宙素粒子研究施設トップページ