「ひだ宇宙科学館 カミオカラボ」が3月27日にオープンします

スーパーカミオカンデなどの世界先端の宇宙物理学研究を紹介する展示施設「ひだ宇宙科学館 カミオカラボ」が、2019年3月27日(水)午後1時より、岐阜県飛騨市神岡町 道の駅 宙(すかい)ドーム・神岡内にオープンします。

この施設は、飛騨市が道の駅宙(すかい)ドーム・神岡の施設を改築して整備するもので、神岡町内のスーパーカミオカンデ、カムランド、KAGRA(カグラ)などの宇宙物理学研究の世界にいつでも触れたり体験したりできるようにとの思いから計画されました。

東京大学宇宙線研究所と東北大学は、カミオカラボの監修として準備を進めてきました。研究現場を多くの方に見学していただくのは難しいため、このような施設を作っていただくことは大変ありがたく、子供から大人までさまざまな方に楽しんでいただければと考えています。

カミオカラボのホームページが一部公開されました。3月27日のオープン日に全て公開されるとのことです。ぜひお楽しみに!

高さ7mの巨大スクリーンでスーパーカミオカンデを紹介(写真:飛騨市提供)
スーパーカミオカンデの一部を本物同様に再現(写真:飛騨市提供)

【リンク】
ひだ宇宙科学館 カミオカラボ ホームページ

ニュース

〒506-1205 岐阜県飛騨市神岡町東茂住456

0578-85-2116(代表), 0578-85-9620(事務)

0578-85-2121, 0578-85-9640