「ニュートリノ振動とその起源の解明」成果公開シンポジウムプログラム


日時:2004年11月22日(月)、23日(祝)
場所:日本科学未来館(東京お台場) みらいCANホール

各講演時間は、5分間の質疑応答時間を含む。

11月22日

8:30--9:15 Registration     
9:15-- 9:20 はじめに      
 9:20--10:05 大気ニュートリノ振動の精密研究    梶田隆章
(東京大学宇宙線研)
 
10:05--10:50 BESS測定器による一次宇宙線、μ粒子絶対流束の精密測定 佐貫智行
(東京大学)
 
10:50--11:15 南極周回気球による高エネルギー電子、ガンマ線の観測   鳥居祥二
(神奈川大学)
 
  Coffee Break    
11:30--12:15 K2K実験 中家剛
(京都大学)
 
  Lunch    
13:35--14:10 日震学に基づく太陽モデルの構築と太陽ニュートリノ絶対強度の決定  柴橋博資
(東京大学)
 
14:10--14:35 太陽ニュートリノ・暗黒物質観測のための指向性をもつ反跳検出器の開発 蓑輪眞
(東京大学)
 
14:35--15:20 太陽ニュートリノ振動の精密測定  鈴木洋一郎
(東京大学宇宙線研)
 
  Coffee Break    
15:35--16:20 カムランド実験(原子炉ニュートリノおよびBe7ニュートリノへのR&D)    井上邦雄
(東北大学)
 
16:20--17:05 レプトンフレーバーを破るミュー粒子崩壊の研究   森 俊則
(東京大学)
 
17:05--17:50 ニュートリノ振動はなにを明らかにしたか・模型のreview     坂東昌子
(愛知大学)
 
 

11月23日

8:45--9:15 Registration    
9:15-- 9:40 超新星ニュートリノ・重元素合成とニュートリノ振動 鈴木英之
(東京理科大学)
 
9:40--10:15 ニュートリノ放射をともなう星内原子核・素粒子反応率の精密決定と天体現象への応用 梶野敏貴
(国立天文台)
 
10:15--10:40 余次元理論におけるニュートリノ世代構造の研究  波場直之
(徳島大学)
 
  Coffee Break    
11:00--11:35 フレーバー混合と標準模型を超える物理  山口昌弘
(東北大学)
 
  Lunch    
13:00--13:45 ニュートリノ振動現象を解き明かす    南方久和
(東京都立大学)
 
13:45--13:55 終わりに 鈴木洋一郎
(東京大学宇宙線研)