「ニュートリノが波打つことの直接観測」の成功

English

 

「ニュートリノが波打つことの直接観測」の成功

2004年7月5日 スーパーカミオカンデ実験グループ

東京大学宇宙線研究所

プレス発表資料(PDF 712kB)

英語版資料(PDF 21kB)

東京大学宇宙線研究所・神岡宇宙素粒子研究施設で行われている国際共同実験「スーパーカミオカンデ」(研究代表者:鈴木洋一郎)では、1998年に宇宙線が大気中で生成するニュートリノ(大気ニュートリノ)の観測によって、ニュートリノ振動を発見し、ニュートリノが微小質量を持つことを示した。また、2001年には、太陽ニュートリノも振動していることの強い証拠を示した。その後の大気ニュートリノデータ量の増加と、解析に改良を加え、その詳細研究を続けてきたが、このほど、ニュートリノが減少した後、また増加するという、ニュートリノ振動に特徴的な「ニュートリノが波打つことの直接観測」に初めて成功した。これは、世界の研究者の間で、ニュートリノ研究を進める上での課題のひとつとされる「ニュートリノの存在確率の振動」を実際に観測事実として示したものである。結果は、先日、パリで行われた第21回ニュートリノ物理学・宇宙物理学国際会議に於いても発表され、6月29日にフィジカル・レビュー・レター誌に掲載が決定された。(Submitted paper [ps 569kB] [ps.gz 121kB] [pdf 285kB]) (hep-ex/0404034

 

Super-Kamiokande ホームページへ
神岡ホームページへ