タンク上部

タンクの上部は、エレクトロニクスハットや検出器の較正に必要な装置が置かれています。また、天井はドーム状になっており、真上を覆う高さ1000メートルの山の重みによる圧力を分散させています。

 

タンク上部

鉱山の岩盤中に含まれる放射性物質は、ニュートリノの観測にとって邪魔なノイズになります。したがって、天井や廊下の壁は、ポリウレタン製のマインガードで覆われており、岩盤から放出される放射性物質の混入を防いでいます。さらに、タンク上部の空気に含まれる放射性物質もノイズの原因になるので、鉱山の外から放射性物質が含まれていない空気を送り込んでいます。

 

無ラドン空気システムについて

 

 

 

検出器の概要へ戻る