検出器の概要

コントロールルーム

スーパーカミオカンデは、24時間365日休まずデータを取り続けています。その間は常に研究者が検出器の状態を監視し、データのチェックを行っています。この部屋では、朝8時半から夕方16時半まで当番の研究者が2人体制で、さまざまなチェックを行っています。その他の時間帯は、地上の研究棟から同じように監視を行っています。

コントロールルーム

 

 

 

 

 

 

 

検出器の概要へ戻る