サイエンスカフェ「2015年ノーベル物理学賞はこうして生まれた:ニュートリノ振動の発見」

2015年11月19日

2015年ノーベル物理学賞に東京大学宇宙線研究所の梶田隆章教授が決定されました。梶田教授と学生時代から30年以上共に研究を進めてきたスーパーカミオカンデ実験代表者・中畑雅行教授が、受賞理由となったスーパーカミオカンデ実験やニュートリノ振動について、2つのノーベル賞を生んだ神岡でのニュートリノ研究の歴史を交えてお話しします。ニュースには出ていない裏話も飛び出すかもしれませんよ?!

話題提供

 

中畑 雅行 教授(東京大学宇宙線研究所附属神岡宇宙素粒子研究施設 施設長・スーパーカミオカンデ実験代表者)

日時

2016年1月15日(金) 18:00~19:30

会場

富山市立図書館本館 2階ロビー

対象

一般(中学生可)

定員

30名(抽選)要申込(1/7必着)

参加費

250円(飲み物代)

申し込み

往復ハガキ、FAX、オンライン申し込みページのいずれかで、

1) イベント名と開催日 2) 参加者全員の氏名と年齢または学年 3) 郵便番号と住所 4) 電話番号 5) 科学博物館から返信する際の住所、FAX番号またはメールアドレス ※ FAXの場合は必ず返信用のFAX番号を記入してください

を記入し、富山市科学博物館までお申し込みください。

〒939-8084 富山市西中野町一丁目8-31 富山市科学博物館

FAX: 076-421-5950

主催

富山市科学博物館富山市立図書館交流行事運営委員会、東京大学宇宙線研究所附属神岡宇宙素粒子研究施設、サイエンスカフェとやま

 

〒506-1205 岐阜県飛騨市神岡町東茂住456

0578-85-2116(代表), 0578-85-9620(事務)

0578-85-2121, 0578-85-9640