共同利用研究紹介

スーパーカミオカンデ [ホームページ] SK

SKスーパーカミオカンデ実験は5万トンの水タンクでニュートリノなどの素粒子の性質を調べる実験です。1991年から5年間にわたる建設期間を経たあと、1996年4月より観測を開始しました。スーパーカミオカンデは東京大学宇宙線研究所神岡宇宙素粒子研究施設を中心に、日本、米国、ポーランド、韓国、中国、スペイン、カナダ、イギリス、イタリア、フランスの約40の大学、研究機関との共同研究で行われています。

研究論文はこちらから▶

 

XMASS [ホームページ] XMASS

XMASS宇宙空間には、原子や分子などよく知られている物質の5~6倍もの量の物質があることがわかっています。しかしその正体は不明なため、仮にダークマターと呼ばれています。XMASS(エックスマス)実験は、液体キセノン(約-100℃)を用いてダークマターの正体を明らかにすることを目的としています。

神岡宇宙素粒子研究施設を中心に、日本、韓国、中国の14の大学や研究機関との共同研究で行われています。2010年から実験を始め、検出器の改良を経て2013年から順調にデータの取得を継続し、2019年2月にデータ収集を完了しました。現在、5年以上のデータを用いてダークマターやその他未知の現象の探索を行っています。

研究論文はこちらから▶

 

重力波グループ [ホームページ]

Gravity group神岡の地下の低地面振動環境を生かし、ブラックホールが誕生する瞬間などから の重力波を直接検出する研究を行っています。 基線長100mのCLIOによる実証研究の成果を受け、現在スーパーカミオカンデやCLIOがある同じ池ノ山の地下環境で、基線長3kmのKAGRA重力波望遠鏡を建設中です。

一方、地球深部の鼓動を聞くためのレーザー伸縮計および超伝導重力計を設置して、地震学・測地学の研究も行っています。

 

NEWAGE [ホームページ]

NEWAGE

神戸大学・大学院理学研究科物理学専攻・粒子物理研究室を中心としたNEWAGE実験は、地球にふき付ける「暗黒物質の風」をとらえようとしている次世代型暗黒物質探索実験です。暗黒物質は銀河系に満ちているので、地球がその中を動くと、暗黒物質の風が私たちに吹き付けている様に感じられます。

現在、縦横30センチ、深さ40センチの検出器を用いて予備実験を進めています。将来は1m以上の検出器を製作、神岡の地下で「暗黒物質の風」の初検出を目指しています。

 

CANDLES [ホームページ]

CANDLES

現在の物質優位の(反物質が無い)宇宙の成り立ちの謎を解くには、ニュートリノの性質を理解することが重要であると考えられています

大阪大学のCANDLES実験では、ニュートリノが粒子と反粒子が転換できるマヨラナ粒子であることを検証するために、大量の蛍石(フッ化カルシウム)を利用するCANDLESという装置を用いてカルシウム48の二重ベータ崩壊の研究を行っています。

ニュース

施設からのお知らせ

〒506-1205 岐阜県飛騨市神岡町東茂住456

0578-85-2116(代表), 0578-85-9620(事務)

0578-85-2121, 0578-85-9640