神岡での学生生活

小林 雅俊 博士1年

皆さん、こんにちは。

私は液体キセノンを用いて暗黒物質の直接検出を目指すXMASS実験に参加しています。暗黒物質の観測は今の宇宙素粒子の分野で最も重要なトピックの一つで、一刻も早い観測が期待されています。XMASS実験は暗黒物質の直接探索実験の中でも世界最大の検出質量を用いた実験で、当然日本でこれだけの規模で暗黒物質の直接探索ができるのはここだけです。神岡では学生のうちからこのような世界最先端の実験に参加することができます。私は修士課程では、暗黒物質事象の季節変動を捉えるために重要な検出器の安定性の評価や、新しい較正装置の開発などを行ってきました。

先生方は非常に熱心に指導してくださるので、毎週のミーティングだけでなく疑問に思ったことはどんどん聞くことができます。またSKをはじめとして、神岡では様々な最先端実験が行われています。神岡に常駐されている他実験の先生はもちろん、世界中から神岡に来る研究者の方ともお話することができます。

神岡の施設が市街地からは離れているのは確かですが、徒歩すぐのところにある宿舎や学生も使える共用車を用意してくれるなど、研究所としても様々にサポートしてくださっています。また学生もXMASS,SKの常駐者のほか本郷の研究室や他大学、あるいは海外からも多くの人が来るので、一緒に飲み会を開いたり、外に遊びに行ったりと神岡での生活をとても有意義に過ごすことができています。 

みなさんと一緒に、神岡で研究することができるのを楽しみにしています!

ニュース

施設からのお知らせ

〒506-1205 岐阜県飛騨市神岡町東茂住456

0578-85-2116(代表), 0578-85-9620(事務)

0578-85-2121, 0578-85-9640