関谷 洋之 准教授

専門分野

宇宙ニュートリノ観測、暗黒物質探索、宇宙素粒子実験、検出器開発

今、行っている研究内容

宇宙にはニュートリノや暗黒物質が満ちており、宇宙の始まりから、現在・未来に至るまで、それらが決定的な役割を果たしていると考えられます。宇宙の成り立ちや仕組みを解明することを目指し、それらの宇宙素粒子を実験的に研究しています。

現在、Super-Kamiokande, EGADS, XMASSといった検出器を使用し、それらの能力を向上させるための努力や、特性を完全に理解する努力をして、太陽ニュートリノによるニュートリノそのものや太陽の研究、超新星爆発からのニュートリノ、様々な暗黒物質候補の探索等を行っています。また、Super-Kamiokandeの純水にGd(ガドリニウム)を付与して、反電子ニュートリノの物理を展開させる計画(SK-Gd)を推進しています。特に、宇宙に蓄積されている過去の超新星爆発で放出されたニュートリノの初検出を目指しています。Hyper-Kamiokande実現のための開発研究や暗黒物質・宇宙(背景)ニュートリノの検出を目指した様々なアイデアの検出器開発も行っています。

今後5年で何が面白く、入学したら何ができるか

自分で面白いと思うことをみつけて、自分でやれるようになるよう指導していけたらと思います。私が面白いと思ってやっている実験の全リストはここを見てください。

学生さんへのメッセージ

実験的研究をするには、新しいデータ、新しい結果を得ることが必須ですが、規模の大小や場面を問わず、現実にある検出器を最大限生かすことと、他の誰も持っていない検出器を作り出すこと、の2つが常に求められます。そのための覚悟をするには神岡はとても良い環境です。。。とはいうものの、修士のうちは神岡へ通う形になりますし、覚悟より、仲間と環境を楽しめることが求められます。少しでも興味がある方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

ニュース

施設からのお知らせ

〒506-1205 岐阜県飛騨市神岡町東茂住456

0578-85-2116(代表), 0578-85-9620(事務)

0578-85-2121, 0578-85-9640