岸本 康宏 准教授

専門分野

暗黒物質探索実験、ニュートリノ実験、実験装置の開発研究

今、行っている研究内容

現在、暗黒物質の探索実験を行っています。最新の研究によると、我々の宇宙の中で、今までに観測されている物質は約4%に過ぎず、その5、6倍の未知の物質である暗黒物質で占められていると考えられています。この暗黒物質を1トンの液体キセノンを用いた検出器で直接探索しています(XMASS実験)。

スーパーカミオカンデ(SK)を用いて、ニュートリノ観測を行っています。特にSKにガドリニウムを溶解させ、中性子をタグすることで過去の超新星爆発で生じたニュートリノを観測しょうと試みています。

暗黒物質もニュートリノもどちらも反応断面積の非常に小さい稀事象であるために多量のバックグランドから信号を抽出する必要があります。そのためには、測定装置そのものの改良や開発が必要となります。現在進行中の実験の性能向上や、将来の実験計画のための準備のため、実験装置の開発研究も積極的に行っていきます。

今後5年で何が面白く、入学したら何ができるか

暗黒物質は,銀河,銀河団といった宇宙の大規模な構造と密接に関連しています.
現在までのところ,暗黒物質は検出を確認できていません.
しかし,我々の銀河の,この太陽系の近傍に暗黒物質は必ず存在します.
この暗黒物質を測定すべく,XMASS実験は観測を継続し,性能向上を進める必要があります.

また,SKにガドリニウムを導入して性能向上を図る計画が開始されました.
ガドリニウムの導入とそれに続く観測によって,過去の超新星爆発の歴史が解明されることになります.
我々の体をつくる元素は,超新星で作られました.
つまり,我々は超新星からのニュートリノを通じて,宇宙とそして我々自身の歴史を知ることが出来ます.

大学生のうちは「教科書を読む」ことが主体でしたが、大学院では、最先端の研究を通じ「教科書を書き換える」作業の一端に関わることが出来ます。

さらに、XMASSやSKの性能向上のために、様々な装置の開発を行います。これらは、多くの場合、装置の計画・デザインから組み立てまで、全てを自分の手で行う必要があります。これは実験物理を行う上で最も貴重で、また、最も楽しい体験となるでしょう。

学生さんへのメッセージ

神岡は、東京からは離れていますが、素粒子実験物理学の最先端に最も近い場所です。一緒に研究を進めていきましょう。

ニュース

施設からのお知らせ

〒506-1205 岐阜県飛騨市神岡町東茂住456

0578-85-2116(代表), 0578-85-9620(事務)

0578-85-2121, 0578-85-9640