日本学術振興会 ひらめき☆ときめきサイエンス 2015
「地下で宇宙のささやきを聞く」

概要

hiratoki東京大学宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設では、ニュートリノ質量の発見など大きな成果をあげ、現在も勢力的に研究が行われています。特にニュートリノとダークマター探索の実験に取り込んでいます。神岡の地下1000mは、世界から10か国を超える国から研究者が集まる素粒子実験の最前線です。実際に研究施設を見学することで、現場の国際色豊かな雰囲気を感じることができます。

 

当日は、講義により、ニュートリノ観測実験スーパーカミオカンデとダークマター直接探索実験 XMASS(エックスマス)の検出器や研究内容についてご紹介します。

昼食時には、研究者や大学院生と一緒にお弁当を食べます。研究ってどういうもの?研究者ってどんな人?いろいろ聞いちゃいましょう。

 

hiratoki午後はいよいよ、地下1000メートルの実験施設見学です。ヘルメットと懐中電灯を持って、車で移動します。世界最先端の研究現場の迫力を体感してください。

 

見学の後は再び地上の施設に戻った後、身近の材料を用いて、目で直接見ることのできない宇宙線を実際に観測できる霧箱を作ります。

 

最後は質問コーナー。実験施設を見学して浮かんだ疑問を講師や大学院生にぶつけてください。

 

みなさんの参加をお待ちしています!

 

日程・定員

2015年8月3日(月) 中学生 20名

2015年8月7日(金) 高校生 20名

先着順、参加費無料

※保護者や学校の先生方が参加希望される場合は、申し込み時にお知らせください。

 

会場

東京大学宇宙線研究所附属神岡宇宙素粒子研究施設

岐阜県飛騨市神岡町東茂住456

 

当日のスケジュール(予定)

9:00 受付 JR富山駅北口バスロータリー集合
貸切バスにて、神岡宇宙素粒子研究施設へ出発。
10:00 神岡宇宙素粒子研究施設 到着。
10:10~10:30 あいさつ、科研費説明
10:30~11:30 講義「スーパーカミオカンデ実験とXMASS実験について」
11:30~11:50 スーパーカミオカンデ実験紹介ビデオ 上映
11:50~13:00 昼食 研究者や大学院生とともに
13:00~13:20 地下実験施設へバスで移動
13:20~14:00 スーパーカミオカンデ実験 見学
※スーパーカミオカンデのタンクの内部は見ることはできません
14:00~14:10 XMASS実験駐車場まで徒歩
14:10~14:30 研究棟へバスで移動
14:30~15:10 実習;霧箱作成
15:10~16:00 おやつを食べながら質疑応答、懇談
16:00~16:30 修了式(アンケート記入、未来博士号授与)
16:30~17:30 終了、バス乗車(富山駅終点)

 

持ち物

長袖、長ズボン(地下施設は夏でも14度です。)

スニーカー(サンダルは不可)、筆記用具、ノート

 

特記事項

地下施設立ち入りのために、保護者のサインが入った申請書を事前に提出していただきます。集合場所までの送迎は保護者が責任を持ってください。また、参加される方に保険をかけるため、申し込む際に参加者の年齢の明記をお願いいたします。

 

お申し込み

下記のリンクよりお申し込みください。(日本学術振興会のページへリンクします)

  • 中学生(満員になりました)
  • 高校生

締め切り:7月17日(金)

※ただし、定員に達した場合は、その時点で締め切りとさせていただきます。

 

お問い合わせ

kouhou@km.icrr.u-tokyo.ac.jp

0578-85-9704