平成22年度 ひらめき☆ときめきサイエンス
~地下1000メートルから探る宇宙の謎~

概要

私たちの宇宙はどのようにして形成され現在の形になったのか―そんな疑問を解くために、私たちは山の地下1000メートルに設置した検出器で、目に見えない粒子をとらえて研究しています。

 

当日は、講義により、ニュートリノ観測実験スーパーカミオカンデとダークマター直接探索実験XMASS(エックスマス)の検出器や研究内容についてご紹介します。

 

次に、簡単な材料でできる霧箱という装置を一人ずつ作って、普段は目にすることのできない粒子を実際に観測してみましょう。

昼食時には、研究者や大学院生と一緒にお弁当を食べます。研究ってどういうもの?研究者ってどんな人?いろいろ聞いちゃいましょう。

 

午後はいよいよ、地下1000メートルの実験施設見学です。ヘルメットと懐中電灯を持って、車で移動します。鉱山の中にある世界最先端の研究現場の迫力を体感してください。見学の後は再び地上の施設に戻って、質問コーナー。実験施設を見学して浮かんだ疑問をぶつけてください。

 

みなさんの参加をお待ちしています!

 

日程・定員

2010年8月2日(月) 9:00~18:30 :中学生20名

2010年8月3日(火) 9:00~18:30 :高校生20名

※保護者や学校の先生方が参加希望される場合は、申し込み時にお知らせください。

 

集合場所

JR富山駅北口バスロータリー(地図

地図の赤い矢印のあたり

 

当日のスケジュール(予定)

9:00 JR富山駅北口バスロータリー集合
貸切バスにて、神岡宇宙素粒子研究施設へ移動。
10:00 神岡宇宙素粒子研究施設 到着。
10:00~10:20 あいさつ、科研費説明
10:20~10:40 スーパーカミオカンデ実験紹介ビデオ 上映
10:40~11:30 講義「スーパーカミオカンデ実験とXMASS実験について」
(講師:鈴木洋一郎教授)
11:30~12:10 実験:霧箱作成
12:20~13:20 昼食 研究者や大学院生とともに
13:20~13:50 地下実験施設へ移動
13:50~14:30 スーパーカミオカンデ 見学
14:30~14:40 徒歩移動
14:40~15:20 XMASS 見学
15:20~15:50 研究棟へ移動
15:50~16:40 おやつを食べながら質疑応答、懇談
16:40~17:10 修了式(アンケート記入、未来博士号授与)
17:20 バス乗車、出発
18:20 JR富山駅到着、解散

 

見学場所

東京大学宇宙線研究所 神岡宇宙素粒子研究施設
(岐阜県飛騨市東茂住)

※スーパーカミオカンデのタンクの中は見ることができません。

 

参加費

無料 (※ただし、自宅から集合場所までの往復の交通費は各自でご負担願います。昼食、おやつはこちらでご用意します。)

 

申し込みはこちらから。

 

▲ページトップへ